まったりixaプレイ記
戦国IXAまったり記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、京都に行こう
 1月13日(日) 午前0時過ぎ。

 嫁「ねー、連休ってどこにも行かないの?」
 私「行ってもいいけど、どこ行くのさ?」

 嫁「京都!

 私「( ゚д゚)えっ?」

 予想外。ショッピングモールとか映画とかじゃないのね……。
 我が家の旅行は必ずこのように突発的に決定し、宿も取らずに出発します。まさかガチで「そうだ、京都に行こう」をやるとは思ってませんでした。ま、たまにはいいもんです。
 というわけで13・14日は京都へブラリ旅。夫婦ふたり旅なので、行き先だけ決めたら、後は自由。なんというフリーダム旅行。今回は流石に宿だけはじゃらんで予約しました。連休の京都ですしね。

 とりあえず、三十三間堂で「楊枝(やなぎ)のお加持と弓引き初め」というイベントが有るのを確認し、スタート地点を決定。あとは車でひとっ走り3時間。京都は意外と近いんだなぁ、と思ってる間に三十三間堂到着です。嫁は助手席でいつもどおり寝てました。
 さて三十三間堂。楊枝(やなぎ)のお加持と弓引き初めというイベントは、新成人が袴姿で弓矢を放つイベントなんですが、本人+見物の親御さん+通常の観光客でごった返してました。正直舐めてた……、人多かったー。でも袴姿の新成人は凛々しく、女性は綺麗でしたねー。華やかです。
 
 三十三間堂のあとは、京都といえば清水寺だ!と一路清水寺へ。三十三間堂からも近く、パーキングに車を止めて茶わん坂から清水寺を目指していると、気さくなお兄さん登場。

 お兄さん「人力車いかがですか!?」

 私「えっ( ゚д゚) 人力車ですか(*´∀`*)

 ノリノリでした。私ノリノリでした。結構お高いお値段ですが、1時間コースで祇園~東山辺りをぐるりと一周してもらえました。各所で写真もとってもらえるし、幸運なことに昼間の芸姑さんにもバッチリ出会えました。ちなみに、「舞妓さん」と「芸妓さん」の違いは、見習いかプロか、だそうです。初めて知りました。見分け方はうなじだそうです。確かに違ってました。どんな違いがあるのかは、行って確かめて見ましょうw
 そうそう、人力車は軽車両なんですって。バスを避け、近寄ってくる乗用車を躱しながら、会話をしつつ車を引くお兄さんはすごかったです。最初の頃は「俺、死ぬんじゃないかな((((;゚Д゚))))」と思いながら研修してたそうです。確かに難しそうだし、京都の車は意外と人力車に遠慮がありませんでした。バスも乗用車も結構アグレッシブ。京都の印象が少し変わりましたw
 ぐるり一周が終わってから人力車と一緒に1枚写真を撮らせてもらいました。いい経験ができました。お兄さんありがとう!割引券もらったから、また来ます!※3年間有効。長い。
 その後は二年坂・三年坂を登って清水寺を観光、ホテルにチェックイン。パソコンで京野菜を使った居酒屋を探して、熱燗一合でほろ酔い気分。ホテルに戻ってIXAをチェックすると、ランカーさんにフルボッコされて不貞寝しました……w
 翌日はあいにくの雨でしたし、天候が悪くなる前に帰ろうということで二条城だけ。200円募金したので、私も二条城の城主です、一口ですが。季節ごとに庭が綺麗なんだろうなぁ。次は別の季節に来よう。

 ザックリと回っただけですが、京都はいいところだーと改めて実感しました。また来たいと思える街ですね。
 次はいついけるかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

そういう突発的な旅行いいですよね♪
私も夏に京都に行って二条城の城主になりました!笑ッ
人力車は乗ってないんで今度行った時は乗ってみよう!

ランカーさんってw
ステイゴールドさんでしょw
[2013/01/16 08:45] URL | 1990年11月5日 #- [ 編集 ]


突発的過ぎて、連休の京都とかどこ泊まるの……wって感じでした。
ゴールデンウィークに宮島行ったときは、本当にホテル取らずに飛び込み一発目で当たりを引けたのが、嫁の中で癖になったようです。まぁ、彼女が楽しければいいんですが、もう少しだけ計画してくれると嬉しい……w

似非ランカーの私と、モノホンのランカーさんを比べちゃいけない!
私の似非っぷりは他の追随を許さないのですよ!?
[2013/01/16 08:58] URL | 黄金旅程 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://staygoldixa.blog.fc2.com/tb.php/25-580fd1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。